クリリンの独り言
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Reset my PC (PC組み立て編)
ヨドバシから戻ると、早速組み立て開始。


まずは筐体を分解。アルミメッシュのメタリックなデザインはやっぱりカッコいいですw
ちなみに、この筐体はHDD(ハードディスク)やCDドライブを格納するベイにも一工夫あって、プラスチックのつまみを回して取り外すだけで簡単にドライブの固定ができちゃうんですよね♪
今までのは4ヶ所全てのねじを回さなきゃならなかったので、本当に楽になりましたw

01


(これ見るぐらいなら、昨日リンク貼った製品HPみる方がいいかも/爆)


つぎにマザーボードを準備。

02


PC内の全てのパーツはケーブルでここにつながるわけです。
もちろんCPUやメモリもここに取り付けます。

で、まずはCPUを取り付け

03


この部分がPCの中枢となるわけです。ここが壊れたら全てが終わります。
ただマザーボードも改良されてるのか、取り付けがかなり簡単になってます。
静電気にさえ注意すれば、こんなの誰でもできます(笑)

その後メモリをとりつけ、筐体に固定。電源ユニットからのケーブルをつなぎ、とりあえずBIOSまでは起動できるはずの状態に。ちなみに、この時点で筐体内部は




すでに配線でゴチャゴチャしてます;

ここで電源、ディスプレイ、キーボードだけをつないで起動テスト。
スイッチを押すと、見事に起動してBIOSも無事認識されました。
当然まだHDDすら置いてないのでここでストップしますが、電源ユニット、マザーボード、CPU、メモリに問題がないことを確認、ほっと一息です。


で、つぎにFDD、HDD、CDの各ドライブをベイに格納し、マザーボードとケーブルで接続。HDDはこれまでのIDE接続ではなく、細いケーブルを使うシリアルATA接続に進化☆おかげで消費スペースが減らせ、その分通気性もよくなるわけです。

そして、全ての接続が終わった筐体が

05



ちなみに、画面最下部に太い青のケーブルと、細い黄色のケーブルが見えますが、この太いのがIDEケーブル、細いのがシリアルATAケーブルです。ATAに変えるとこれだけスッキリするわけですw

で、ここでまた起動テスト、ところがHDDだけが認識されず(汗)
強行突破でOSインストールを試みるも、「このシステムにはハードディスクがインストールされていません」という非情なメッセージ。

ここで1時間ぐらい足止め喰らいました(泣)どうやらATA接続のHDDはドライバを使わないと認識してもらえないだとか。。妹のノートPCを借りてフロッピーにドライバをインストールし、起動ディスクを作って再挑戦。が、やっぱり駄目な模様・・・・。

で、仕方ないのでBIOSをいじってたら、どうやらHDDを「IDEモード」に設定できるとのこと。つまり、ATAケーブルで接続しながら、これまでのIDE接続と同じように使えるわけです。これに設定するとATA接続特有のシステムを使えなくなってしまうのですが、まあ細いケーブルでつないで排熱効率の点ですでに得してるんだし、これ以上望むのは贅沢か、と割り切ってIDEモードに変更(笑)こういった割り切りも、自作PCには大切だったりします(笑)

こうしてHDDも認識してもらえ、ようやくOSのインストール開始。ここからは先はPC勝手にやってくれましたw


このあと無線LANの構築に入ったわけですが、このお話はまた次回に(笑)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。