クリリンの独り言
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試験と音声学とヒスブルパワー(謎)
今日は『教育のシステムと環境』と『英語音声学Ⅱ』の試験でした。。

結果は・・・・・

まあ、なんとか乗り切ったはず・・・・

とりあえず、単位くればいいや・・・(えぇぇ)


てか『英語音声学Ⅱ』が本当にキモかった・・・・


もう当分英語なんて見たくないぞ!!ましてや発音記号なんて死んでもいやだ(爆)




つーわけで、どうでもいい試験レポ(笑)

無駄に長いので見たい人だけでどうぞ↓↓





まずは『教育のシステムと環境』



このテストは、授業中に取り上げられた用語に関する問題と、そして教育に関する論述が一問という構成で、まあ要はほぼ論述で決まるとw

論述の方は、バイトの経験を生かして「塾における教育の環境について」をテーマにすることがすぐに決定☆


そして用語に関する問題の方なんですが、教官が「私が授業の中で特に強調したものが出ます」と言ってたので、まあ大体予想はできました(笑)


で、この担当教官が変な人面白い人で、「教官が配るメモ用紙だけ持ち込み可」というルールが採用されることに・・・・
それで、暗記が苦手な人はそのメモ用紙にメモして来い、というわけですw

そして、そのメモ用紙が↓

memo


大きさ比較のためにCDの上に置いてますが、かなり小さいですw
そして、偽造防止(?)のために、ご丁寧にハンコまで押されてますw

で、みんなはここに論述の下書きや、用語の説明を小さな字で書きまくって埋め尽くしてたようですが、自分はそんな気は全くなかったので、次の3つだけメモw


①教育基本法の第1条で規定されている学校、通称「一条校」をリストアップ☆


②「初等教育」「中等教育」「高等教育」の区分をメモ☆


③その裏面に、日本国憲法第26条の全文をメモ☆


①と③は、教官が日ごろから絶対覚えろと言ったので、まあ出すだろうとw
②については、これは“高校は「中等教育」で大学だけが「高等教育」に含まれる”というかなり詐欺的な区分(?)なので、まあアノ教官なら出すだろう、と(笑)
ちなみに、②については「児童」→「生徒」→「学生」と変わっていく呼称で識別できますw

で、論述の方はもうアタマの中である程度考えて、あとは試験で一発勝負だ!!



つーわけでついにその試験がスタート☆
(↓の問題文は自分の記憶を頼りにしてるんで、かなり適当です…)


第一問:日本国憲法第26条は(   )を規定している


第二問:「初等教育」「中等教育」「高等教育」の区分を簡潔に説明せよ


第三問:次の中で一条校でないものを選びなさい。(そのあと選択肢が続く)



オレの予想、完璧☆



この論述もしっかり書けたんで、まあこれは大丈夫でしょう☆




・・・・そして、それが終わると恐怖の『英語音声学Ⅱ』


とりあえず、ここでは『英語音声学Ⅱ』という授業について解説。。


これは、英語の正しい発音“理論的に”学習するという科目です。

そりゃ、英語の教師がいい加減な発音だと困りますからね~~
その目的にはかなり賛同できます☆
てか、オレ実際発音今のままだと教育実習で絶対ヤバイし・・・(汗)



・・・問題は・・・・・



レジュメがキ モ イ 



terada1


terada2




英語ばっかやん!!





英語の子音は、口のどの場所でどんな形で息がさえぎられるかで区分されており、それゆえかなりキモイ名前がつけられているわけです。。

例えば、『春~spring~』の「プ」の音は、唇をいったん閉じて息を口の中にため、そして破裂させるようにして発音するので


無声口唇破裂音


という名称が付けられています・・・・イミワカランシ・・・・

でも、まあこれだったら覚えますよ!!さすがのオレでも。。

しかし、さっき言ったようにレジュメが英語なんです・・・

だから、当然これも英語名で覚えなきゃいけないのです


voiceless bilabital fricative



・・・

・・・

・・・これらを、英語の子音の数だけ覚えなきゃいけないのです(泣)


で、この「プ」の音の発音については、まあ今まで知ってたのでいいんですが、中には今までの考え方を覆すようなことも・・・


たとえば「train」とか「trip」の最初の「tr」の発音。普通に「トレ」とか「トリ」とかいう発音は完全に間違ってるらしいです・・・

詳しい説明は省きますが、「t」と「r」は間に母音を入れずに一気に発音しなきゃいけないのです。。

例えば「トレイン」と発音しちゃうと、どうしても[torein]となり「t」と「r」の間に「o」という母音が入っちゃうわけです・・

だから、ここは「tr」を素早く「チュル」と発音するのが正しいのだとか・・・

したがって、「train」は「チュレイン」、「trip」は「チュリップ」と聴こえるように発音するのが、正しい発音だそうです・・・


ちなみに[tr]はこれで一つの子音となるようで、

無声歯茎後部破擦音という名前がついてます。

英語だとvoiceless post-alveorar affricative

長い・・・・(泣)



で、「tr」だけでなく「tl」も同じようなことが言えるのです。。

たとえば「little」という単語、最後に「トル」と発音しちゃうと[o]という子音が入っちゃうので、


①[t]の発音をしたあと、舌先を歯茎につけたまま
②舌を丸めて舌の横から息を通して[l]の発音をする


のが正しいらしいです・・・・カタカナで無理矢理表せば「リトゥル」となるでしょうか・・・・

ちなみに、これを側音破裂というそうです。。
英語ではLateral Plosionと書くそうです。。


こんな感じで、「tr」と「tl」の発音に関しては、今までの考えを根底から覆されてしましました・・・・。

でも、まあ本当に勉強になってんで、音声学には感謝してますけどねw



・・・・で、なんで音声学嫌いなオレが、こんなに「tr」と「tl」について詳しく書いてるのか、って疑問に思った人・・・アナタは正しいww

実は、ここの単元だけ他の4倍ぐらい熱心に勉強したんで、まあせっかくだから記録に残したかったわけですw

え、なんで熱心に勉強したかって・・・??


そんなの決まってるじゃないですか!!



『Little Trip』を完璧に

発音したかったから!!!(核爆)





話がいい感じでオチたところで(爆)、軌道修正w

音声学の授業はこういった子音レベルの話で終わるわけは当然なく、これを単語にして発音したらどうなるか、そして文章として発音したらどうなるか、というのをどんどん勉強していくわけです、理論的に。。


特に音節レベルの話になると本当にキモくて、この子音のあとにこの母音が来るとこの母音が発音されなくなってこの子音だけで音節が構成されるとか言う話に・・・・もう意味不明・・・(泣)

そして、それを延々と英語で書いてるレジュメで説明されるもんだから、もう何やってんだかさっぱり・・・・


このレベルになると、たま~に出てくる日本語も


音節主音的子音




・・・・誰やねんお前!!!!!



・・・・・こんな感じで、今まで経験してきた中で一番キモイと思われる『英語音声学Ⅱ』の試験をついに受けてしまったわけで・・・・


・・・・まあ細かくは書きませんよ・・・・


一部の問題で英語名で書きなさいという条件無視して思いっきり日本語で書いた、なんてここもここでは秘密・・・・


ただ、一つだけw


「tr」も「tl」も試験に出ちゃった♪♪


上で述べたとおり、この2つは完璧に勉強してたんでバッチリ答えられました☆・・・・動機はともかく(爆)


つーわけで、ヒスブルパワーで試験を乗り切るというのは正しい、ということを証明してきたのでした(爆)


(・・・こんな締め方でいいのか・・・??/笑)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
試験
何かめっちゃ大変そう・・・・。
2006/01/21(土) 00:21:33 | URL | レコバ #-[ 編集]
めっちゃ大変でした(笑)
2006/01/21(土) 00:22:51 | URL | クリリン #a4Z/FfFc[ 編集]
エコマークで30代,40代女性の転職
エコマークとは、環境への負荷が少ない、あるいは環境の改善に役立つ製品を示すマークのことで、ISO14024に準じて1990年にスタートした http://chantor.catvtestchips.com/
2008/11/07(金) 06:50:06 | URL | #-[ 編集]
獣医師を目指して30代,40代で転職
獣医師は、動物のお医者さん http://secent.catvtestchips.com/
2008/11/08(土) 05:30:19 | URL | #-[ 編集]
ピーマンをダイエットに活用する
ピーマン100g中には、カリウム/200mg、食物繊維/2.3g、カロチン/270μg、ビタミンC/80mgなどが含まれます http://dace.victoriaclippermagazine.com/
2008/11/28(金) 05:36:13 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。